昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 贈答品 産卵 幼虫飼育 お一人様5点限り 631円 昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 幼虫飼育 産卵 お一人様5点限り ペット用品、生き物 昆虫用品 昆虫マット、成虫用マット 631円 昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 幼虫飼育 産卵 お一人様5点限り ペット用品、生き物 昆虫用品 昆虫マット、成虫用マット /Alsatia651380.html,10L,お一人様5点限り,カブト1番JB,631円,幼虫飼育,カブトムシ,昆虫マット,ペット用品、生き物 , 昆虫用品 , 昆虫マット、成虫用マット,産卵,sngsecurity.com 昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 贈答品 産卵 幼虫飼育 お一人様5点限り /Alsatia651380.html,10L,お一人様5点限り,カブト1番JB,631円,幼虫飼育,カブトムシ,昆虫マット,ペット用品、生き物 , 昆虫用品 , 昆虫マット、成虫用マット,産卵,sngsecurity.com

昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 贈答品 ブランド激安セール会場 産卵 幼虫飼育 お一人様5点限り

昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 幼虫飼育 産卵 お一人様5点限り

631円

昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 幼虫飼育 産卵 お一人様5点限り

メーカー:フォーテック muryotassei_800_899 _insect 昆虫 昆虫用品 マット カブト カブトムシ ブリード 幼虫 繁殖 育成 産卵 フォーテック 昆虫マット カブト1番JB 10L 20131215 KK 4560176285077 ins_mat1012 マット jpkabu_youchu kgtgt btsryo instop_mat fortech kabukuwa_youchuu opa2_delete pickup01bugs

商品総額税込み5980円以上で沖縄県を除き基本送料無料。直送品、タイム便、超大型商品、冷蔵・冷凍、代引き、銀行振込、コンビニ決済は別途手数料がかかります。送料・手数料の詳細についてはこちらをご確認ください。カブト成虫幼虫ブリードメーカー:フォーテック
国産カブトの幼虫育成に最適!高品質マット!
国産カブトムシの幼虫育成に最適なマットです。広葉樹材のみを使用し、独自製法により栄養分を封じ込めた高品質のマットです。産卵用としても効果的です。
昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ マット
対象 国産カブトムシ
特長 ●国産カブトの幼虫飼育に最適な昆虫マットです。 ●広葉樹材のみを使用し、栄養価を高めています。 ●産卵用としても効果的です。
内容量 10L
原材料 広葉樹
原産国 日本
幼虫育成のしかた ●飼育ケースに本品を敷き詰めます。ケースの6分目くらいの高さまでやや硬めに詰め、その上に2分目くらいの高さにやや柔らかめに詰めます。 全体でケースの8分目くらいにします。 ●マット表面に1cm程度のくぼみをつけ、スプーンなどで優しく幼虫を入れて行きます。 ●幼虫がマット内に潜っていけばOKです。直射日光の当たらない風通しの良いところで育てます。 ●既に育てている幼虫のマット交換する場合も同じ手順でOKです。 ●交換の目安は、マット表面に楕円形の黒いもの(幼虫のフン)が目立ってきたときです。 ●10月下旬くらいまでの間に幼虫は短期間で大きくなります。最初のうちは40日を目安にマットの交換を行い、その後は2〜3ヶ月毎に交換します。 ●春になると良く食べるようになりますので、3月〜4月に蛹化前の最終マット交換を行います。 ●3月〜4月の最後の餌交換時には15cm以上の深さのあるケースを使用します。(蛹室を作るため。)
産卵のさせかた ●国産カブトムシのペアリングはセットの中でオスとメスを10日間ほど同居させることで行います。 ●飼育ケースが狭いとオスがメスを攻撃することも多くなりますので、可能な限り大きい飼育ケースを使用してください。 ●飼育ケースの6分目くらいの高さまでやや堅めに詰め、その上に2分目くらいの高さにやや柔らかめに詰めます。 全体でケースの8分目くらいにします。 ●その上に転倒防止用の樹皮や枯れ葉、餌となるゼリー(高タンパクゼリーがおすすめです。)を入れます。 ●国産カブトムシを、オスメス1匹ずついれます。 ●飼育ケースに保湿、虫よけシートを挟み、直射日光の当たらない風通しの良いところで産卵させます。  ※ゼリー切れにならないように毎日確認してください。 ●ペアで入れてから10日ほどすれば、通常交尾は完了しています。この時点でオスが上部にいれば取り出して、単独飼育します。 ●セットしてから1ヵ月半〜2ヶ月経過したら幼虫を取り出します。この時点でまだメスが生きていたら、単独で飼育するか、別の産卵セットを作りメス成虫を入れれば、さらに幼虫を採ることも可能です。 ●幼虫取り出しの時、卵があったら本品を入れたカップ容器(フタ付き120cc程の容器)を別に用意します。 ●その上面に1cmほどの深さで卵が入る穴を掘り、フタには通気穴を3ヶ所ほどあけ、スプーンで卵をすくいカップ容器に移し、孵化させます。  ※無精卵だった場合など、孵化できずに育たない場合もあります。 ●採りだした幼虫は上の幼虫育成の仕方を参考に育ててください。  ※交尾、産卵を終えた成虫は、床敷きマットを加水して飼育しましょう。
ご注意 ※本品はカブトムシ幼虫の育成(産卵)用品です。その他の目的には使用しないでください。 ※ご使用開始後、カビや糸状の白い菌が発生することがありますが、そのままご使用をお続けいただいて問題ありません。 ※昆虫や用品に触れた後は良く手を洗ってください。 ※袋に小さな穴があいていることがありますが、これは再発酵によって生じるガスに起因する膨張や破裂を防ぐためのものです。予めご了承ください。 ※幼虫の数に合わせたサイズの飼育ケースを用意してください。
パッケージ等の変更について
予告なくパッケージ、仕様(原材料、生産国、色、形状、サイズ等)の変更がある場合がございます。予めご了承ください。

昆虫マット カブト1番JB 10L カブトムシ 幼虫飼育 産卵 お一人様5点限り

ニュース

一覧を見る

広く知りたい

魅力あふれる科学の取り組みを分かりやすく紹介するWebマガジンです。多くの方にとって科学技術が身近なものになるよう、科学と暮らしの関係にフォーカスした情報をタイムリーに発信します。

深く掘り下げたい

科学技術が目指すちょっとまじめな側面を、識者が熱く語ってくれます。たまにはディープなお話も。

科学技術のさまざまな分野で活躍している方々に編集者がインタビューして、新しい挑戦課題や具体的な取組み、今後の展望などを紹介します。

編集部が注目する科学技術をめぐる新しい動きについて詳しく解説します。

科学技術がかかわる世界でいま求められていることを、第一線の研究者やジャーナリストに提言してもらいました。

シンポジウムや学会・セミナーの講演などから、講演者の発言要旨をまとめました。

シンポジウムや学会・セミナーの報告や、関心の高い科学技術テーマなどについて紹介します。

イベント

科学イベントや企画展、サイエンスカフェなどの開催情報を掲載します。

外部情報

プレスリリース

研究機関、大学、政府官公庁、企業などのプレスリリース情報を掲載しています。

ニュースサーチ

外部メディアなどが報じる国内の科学・技術に関する情報を集めて掲載しています。

その他コンテンツ

その他、科学関係の役立つコンテンツを紹介します。

  • マガジン

    Webで読めるマガジンや機関誌へのリンクを集めました。

  • 科学サイトリンク集

    科学技術に関するWebサイトのリンクをまとめています。

  • ファンド・各種募集

    研究助成などのファンド情報や、研究に関する各種募集などを掲載します。

ページトップへ